IZIMETE

電気マッサージ器ってどうよ?

電気マッサージ器bar
デンマスペース でんまHOME 虐めて 電マ責めサポート 電気按摩 電マ責めをするには 電マ責めのお申し込み  
いぢめて
いぢめて
いぢめて
 
いじめ
縄
  [携帯]
拘束プレイ 電マってすごいの?
 

友達と猥談になると、最近耳にするのが電マです。
電マってマジで凄いらしく、おしっこ漏らしちゃう女の子がいるというのは本当なのかしら?
これが、わたしの好奇心を刺激した会話の内容でした。

自分でオナニーをするのと違った刺激でお願いします、て感じで体験してみた。
とりあえず、身元が確実であとくされがない。
秘密厳守で、お金がかからない。
そして、電マでせめて欲しいというおねだりをしなくても、やってくれる。
これが、ここにお願いした理由です。

結果として正解でした。
めちゃくちゃにして欲しいとサポーターにお願いしました。
相当ストレスがたまっているから、スカッとしたかった。
その気負いも、いざ「電マ」で攻められたら、信じられないくらい即効でいってしまった。

わたし、クリトリスでオーガズムを感じると、時間を置かないと駄目なタイプなんです。
すると、ローターをとりだして、Gスポットにこれをあててみましょうという提案。
クリトリスでないのであれば、OKということで、いざ挿入した。
というか、この時気がついたのだけれど、ぐちょぐちょだった。
恥ずかしさがこみ上げた。
指でローターをGスポットに当てているのかと思ったら、もう一方の片手で伝マを作動させた。
頭のてっぺんから、稲妻が走り、熱いものがこみ上げては通り過ぎていった。
自分でも、今まで経験のしたことがない声を上げていた。
これ以上、攻められたら変になってしまう恐怖がこみ上げてきた。
はじめてオーガズムを体験するときみたいだった。
やめて欲しい反面、この先がどうなるのか知りたい。
サポーターさんにお願いして、中断してもらおうとした時だった。
ひざが自然とガクガクしはじめて、オーガズムが押し寄せてきた。
今まで体験したことのない快感に、私は遭遇してしまった。
こうなれば、どうにでもしてという気分になり、繰り返されるオーガズムを堪能した。

気がついたら、シーツがびしょ濡れだった。
スポーツをしたあとに似ていて、ほどよい疲れが押し寄せてきた。
正直、やばいです。
癖になりそうでした。
ていうか、またしたいです。

拘束プレイ 一人電マには限界がある
 

電マという名称は聞いていましたが、実際に使うことはありませんでした。
先日、量販店で肩がこっているふりをしてハンド電気マッサージ器を購入しました。
買って来たその夜、早速スイッチを入れてビックリしました。
音が大きいのと、その振動に驚きです。
以前使用したことがあるピンクローターとは比べ物にならないパワーでした。

オナニーをしているところを親に見られたらまずいので、あくまでもマッサージ器として肩にあてて様子を見ました。
音がするのが難点で、その音に気がついた両親が部屋のドアを開けないか不安でした。

万が一、親が来てもいいように肩だの腰だのに当てて様子を見ていたのですが、誰も来る気配がありません。
そこで、一人で試してみる気になりました。

最初はおっぱいの先端に軽く当ててブルブルさせました。
なんだか、凄くくすぐったくて、次第にしびれてくるような感覚が麻痺するような感じでやめました。
次に、脚を大きく開いて、あそこにあててみることにしました。
ブルブル振動が伝わってきて、なんだたいしたことないじゃんと思っていたら、突然電気が走りました。
身体がかっに反応して、ビクッっ凄い快感が突き抜けて行きました。
このまま続けたらヤバいと思いました。

日にちを改めて、再び電マオナニーをしてみることにしました。
今度は脚を閉じたままで、アソコにあてました。
電マを当てると、最初はなんでもないのですが、突然電気が走ったかのような感覚になります。
次に、何度か来る様な感覚にもなるのですが、自ら当て続けることができませんでした。
どうなるのか不安だったし、誰か立会いの元でなければこの先どうなるのか怖くなりました。

そこで経験豊かなサポーターさんにお手伝いをしていただきたいと思いました。
その期待は、的中していました。
最初の電気的な反応の後で、身体が電マを拒みます。
私とすれば、押さえつけてでも続けて欲しいので、その意志を伝えました。
すると、身体を抱きかかえられて、電マを当てたままの状態で、オーガズムに達した後も3〜4分間、わけのわからない言葉を叫んでいました。
何度も逝ってしまった私の様子を見ながら、このあたりが潮時とみはからってくれたのでしょう。
今までにないほど、あそこが濡れていました。
びしょびしょという表現がありますが、まさにその通りです。

彼にお願いをして、あそこに挿入してもらいました。
すると、膣の中がひくひく波打っているのがわかります。
クリトリスとは違ったオーガズムが押し寄せてきました。
身体の中がうねっていて、ずっと収縮を続けてるような状態になってしまって、記憶が曖昧です。
気持ちが良かったことと、スポーツの後の適度の疲労感がありました。
全身汗だくで、一試合終えた感覚です。

日にちがたって、暫くするとあのときのことが忘れられなくて再び申し込みました。
何度も利用しても良いというので、その制度に甘えさせていただいております。
仕事のストレスで、いらいらしているとき、エッチすることで全てが忘れることが出来ます。
最近では、この電マサポートがストレス発散になっており、癖になっています。
次回は、失神するまでやって欲しいという願いがありますが、実際にはどうなんでしょう。
してもらいたい気持ちはあるけれど、そこまでするのにも勇気があります。
失神までしなくても充分気持ちがいいのですが、人間とは欲張りな生き物であると自分でもつくづく思います。

サポートをしていただいたサポーターさん。この場を借りて御礼思いあげます。
いつも、どうもありがとう♪

拘束プレイ 好きな電マプレイ
 

電マ使われる時には好きなプレイがあります。
いつも、それをおねだりしています。

逝きそうになったら止められて、少し間を置いて責められる。
また暫くしてから電マされると凄くいいです。

時々、SMぽっいのも加えてもらうと刺激的です。
この間はまんぐりがえしの体勢で恥ずかしい格好のまま、電マの振動を弱にしたままクリトリスに押し当てられました。
段々と上り詰めてくる感覚がサポーターさんにわかるのでしょう。
そういうタイミングになると、強にスイッチが変換されたとたんに、頭の中が真っ白になって失禁してしまいました。

喘ぐ前に、逝ってしまいました。しかも失禁してしまい、何度かに分けて出てしまうのです。
そっちに「あーっ!」て叫んでしまいました。

あんなに気持ちがいいのに涙が出てきて、自分の体が自分でないほどに全身性感帯になっちゃったみたいでした。
あんな体験は、なかなかできないです。
本当にありがとうございました。

拘束プレイ 電気マッサージ器で一人エッチ
 

電気マッサージ器サポートの体験談をを読んでたら、私の好奇心がうずいてしまいました。
無性に興味が湧いてきて、とうとう某家電量販店で電マなるものを購入しました。
売り場では山積みになって売られていました。
きっと需要があるんだなと内心、微笑んでおりました。

いざ電マのスイッチを入れると噂どおりの大きな音でビックリしました。
一人暮らしなので私は問題ありませんが、ご両親と同居だと確かに人の目、耳を気にします。
弱にして、軽いタッチでクリトリスの辺りに下着の上から当ててみました。
最初はくすぐったい様な感覚しかなかったのですが、しばらくするとあそこが火照ってきました。
身体が反応しているがわかります。
じんわりと濡れてくるのが伝わりました。
ここまでくると、身体が敏感になってきておりました。
行動も大胆になります。下着を下ろして、指でクリトリスの皮を剥いてから当ててみました。
軽いタッチではなく押し付ける圧力です。
すると、どういうことでしょうか、あっけなく逝ってしまいました。
膣の中が収縮しているのが伝わり、自然と腰が浮いてしまうほどです。
私は普通にセックスをしても逝くことがありますが、この感覚はまた別の感じです。

ただ、一人でしているとどうしても手加減しちゃうので、やっぱり誰かに強制的に当てられたいです。
そういう自分を想像するだけでも興奮しちゃうしろものでした。

 

next


 

電マ攻めして下さい。


 
いぢめて
(C)2008-2014. IZIMETE.COM (いじめて) All rights reserved.